アンダーヘアがちくちくする!原因は?解消したい方必見のケア紹介!

「自分でアンダーケアするとちくちくする!」

「ちゃんとお手入れしてるはずのに肌がちくちくして痛い!」

自宅でできるアンダーケアは手軽で続けやすいですが、肌を刺すようなちくちくした痛みや違和感に苦しんでいる方も多いのではないですか?!

アンダーヘアがちくちくする原因は、実は処理の仕方にあるようで、カミソリやハサミを使ってアンダーケアしている方に陥りやすい現象です。

カミソリやハサミは自己処理の定番アイテムでもあるので、なぜチクチクしてしまうか一刻も早く知りたいですよね?!

アンダーケアのやり方次第では、潤いたっぷりのつるつる肌や肌への刺激が優しいふわふわのアンダーヘアになることも可能なんですよ!

ここでは、アンダーヘアがちくちくする原因や、明日からでも試したくなるちくちく改善方法などご紹介します!

アンダーヘアのちくちくで悩む女子急増中?!

テレビCMやネット上でも脱毛関連の情報が飛び交っていることもあり、 アンダーケアの需要は年々高まっています。

一般的にはデリケートな問題でもあるアンダーケア事情ではありますが、自宅でできるアイテムや脱毛サロンの増加によって、脱毛自体が身近な存在となっています。

ただ、腕や足といった目に見える範囲とは異なり、アンダーヘアの処理方法は友達や知り合いになかなか相談しにくく、悩みがあっても解決できないという声も多いようです。

・アンダーヘア処理したいけど、ちくちくするのが嫌だから迷っちゃう…。

・自分のアンダーケアするの嫌いすぎて無理…次の日からチクチクしちゃう!

・アンダーケアしたら彼氏からチクチクして痛いって言われちゃった…つらい…。

・脱毛ミスったのかも…ちくちくしてきて違和感がすごい。

・アンダーヘアは剃るとチクチクするって聞いたけど、他の方法知らないからそのままやっちゃうんだよね。

実際にSNS上の意見を検索してみると、デリケートな問題とはいえ数多くの声を見つけることができました。

そのほとんどが自分でアンダーケアをした後のちくちくにお悩みのようで、自分だけでなく恋人からちくちくを指摘されてしまうという声もありました。

また、アンダーケアをした次の日から早速ちくちくするという声もあり、せっかく処理をしたのになんで?!と思うようなケースもあるようです。

わかる!すぐにちくちくするの困っちゃうよね!

ツル子ちゃん

さらに、ちくちくする原因はなんとなくわかってはいるが、他の方法を試すための情報がなかったり、日頃から慣れているケアでそのまま処理してしまう方が多いのも印象的でした。

私自身も、自分でアンダーヘアを処理しているのですが、最初はつるつるとした肌を保ってはいるのですが、「あれ?この違和感なんだろう?」と思ったら、デリケートゾーンがヒリヒリと赤くなっている経験がありました。

ただ、アンダーケア自体はエチケットとしてもやりたいので、定期的にちくちくを我慢するという方法しかわからず困ったものでした。

ちくちくするのは痛みだけでなく、痒みを伴う場合もあるので、外出先で痒くなった時にどうすればいいか焦ってしまったこともありました。

きっとアンダーヘアのちくちくに悩んでいる方は、SNSで呟いている以上に多いと思いますしできるだけ痛みや違和感が気にならないケアを探したいものですね!

アンダーヘアがちくちくする原因は〇〇〇?!

自宅でアンダーケアがしやすい時代にもなっていますし、手軽で手間もかからない方法もありますが、せっかく処理してもちくちくで一日中悩まされたら大変ですよね?!

そもそも、なぜアンダーヘアがちくちくしてしまうのでしょうか。

実は、その原因には自分でしているアンダーヘアのやり方が関わってくるのです!

自分でアンダーヘアを処理する場合、特に人気のある方法としてカミソリやハサミでの処理方法があります。

カミソリは直接肌に押し当てるように毛を剃ることができるので簡単ですし、ハサミは長さを調整するためのアイテムとして重宝されています。

ただ、カミソリやハサミでアンダーヘアを処理すると、毛の先端が尖ってしまい、鋭利な刃物のような毛先になってしまうのです。

毛というのは毛先に行くごとに細くなっていくのですが、カミソリやハサミで直接処理をすると、余計に毛先が鋭くなってしまい、一番尖った部分がデリケートゾーンに刺激を与えてしまうのです。

1本であればさほど刺激は感じにくいのですが、デリケートゾーンは意外にも広範囲に広がるため、無数のアンダーヘアが肌を四方八方から攻撃するように突き刺さってしまいます。

その結果、デリケートゾーンがちくちくしたり、違和感を覚えやすくなるので、カミソリやハサミでの処理方法はあまりおすすめできません。

そうなんだ!私もよくカミソリ使っちゃうから注意しなきゃ!

ツル子ちゃん

さらに原因があるとすれば、みなさんはアンダーヘアの処理を続けていくと、毛が前よりも濃くなったり太くなったという経験ありませんか?

アンダーヘアだけでなく、腕や足などの自己処理をしていると、処理をする前よりも毛が太くなりやすかったり、なかなか抜きにくくなることがあります。

腕や足の場合は、毛が直接あたる部分に関しては人が触れたり服への接触が主ですが、デリケートゾーンというのは肌が密接に触れている部位でもあることから、ちょっとの刺激でもすぐに反応してしまいます。

ましてや、ナイフのように毛先が尖った状態のアンダーヘアが多くなればちくちくの原因になりますし、毛が固くなってしまうとさらに違和感の原因にもなるのです。

特に、カミソリやハサミでの処理は毛の断面を太くしてしまうことになるので、鋭くて固い毛先が四六時中に渡って肌にダメージを与えることとなり、痛みや痒みにも繋がってしまうのです。

アンダーへアのちくちくを解消するためには?

アンダーヘアのちくちくを改善するためには、毛先が鋭い状態になることを防ぐこと、太くなってしまったアンダーヘアを処理しすぎてないことなどが挙げられます。

そんなアンダーヘアのちくちくを、自分のケアで解消することは可能なのでしょうか。

アンダーケアをしたことによって、尖った毛先になったとしても処理は避けられないですし、かと言ってそのまま肌を傷つけ続けるのも不安ですよね。

実は、アンダーヘアをちくちくさせないための画期的なアイテムがあるんです!

それは、熱の力で毛を焼き切る「ヒートカッター」です!

ヒートカッターはカミソリやハサミのような刃先での処理ではないので、毛先が丸くなる特性を持っています。

引用:https://item.rakuten.co.jp/kanon-web/sf4580260567148/

毛先が丸い状態だと、肌に当たったとしてもちくちくするような痛みを感じることは少ないですし、コーム状になっているので肌に直接当てることなく優しくケアができます。

つまりは、アンダーヘアの毛先の尖り方を改善すれば、肌に当たっても違和感を覚えにくくなるので、処理方法を変えることで毛先が与える刺激を減らすことが可能なんです!

ヒートカッターの使い方の注意点としては、アンダーヘアを引っ張りすぎないことがポイントです。

一度にたくさん毛を掴んでしまうとチリチリになってしまいますので、少量ずつ処理するようにしましょう。

本数としては10~15本くらいがポイントで、ヒートカッターに付いているコームで挟めるくらいが目安です。

また、熱で焼き切ることから、処理中は若干焦げ臭くなることが多々ありますので、窓を開けて喚起をするなど、空気の入れ替えを忘れないようにしましょう。

アンダーケアでちくちくした毛を減らすことも?!

アンダーケアでカミソリを選ぶ方の多くは、手軽さや剃った後のつるつる感に心地良さを感じているようで、ちくちくしてもカミソリ処理をやめられないケースもあるのです。

実は、アンダーケア次第では、ちくちくとした毛を減らすことができるだけでなく、根本から生えなくさせる効果のある方法があるのです!

それは、「除毛クリーム」をつかったアンダーケアです!

夏になるとテレビCMでも数多く見ることのできる除毛クリームは、剃りたい箇所に塗ってしばらく放置して洗い流すだけで脱毛できる便利アイテムです。

除毛クリームは、毛のタンパク質を分解することによって脱毛するので、毛穴の奥にいるアンダーヘアにも効果があり、毛穴のキュッと締まったつるつる肌へ導きます。

お近くのドラッグストアやネットショップでも買うことができますし、値段もお手頃なのでコスパの良さも人気です。

また、カミソリやハサミのような刃先のあるアイテムではないので安全性も優れていますし、肌への摩擦も少ないので優しさもプラスされたアンダーケアとしてもおすすめです。

引用:https://xn--tckuebi3kt74t.xyz/

しかも、除毛クリームで処理すると毛先が丸くなるので、処理後のちくちくも感じにくいですし、抑毛効果のある脱毛クリームもあるので、アンダーヘア自体が生えにくくなる働きもあるんです!

すごい!アンダーケアで抑毛できるなんてびっくり!

ツル子ちゃん

気になる持続性も長いもので2カ月近くありますし、アンダーケアの頻度を減らしたい方にも是非試してみてほしいです。

ただ、除毛クリームは肌への刺激が強い成分が入っているため、腕や足用をデリケートゾーンに使うことはおすすめできません。

肌が元々強い方に関しても、デリケートゾーンは他の皮膚よりも刺激に敏感なので、デリケートゾーン専用の除毛クリームを選ぶようにしましょう。

また、除毛クリームには敏感肌用もありますので、デリケートゾーン用として使うことも可能です。

肌が弱くてなかなか除毛クリームに挑戦できないという場合は、パッケージや商品の説明文にデリケートゾーンや敏感肌に使えるかを確認してから使用する方が良さそうですね。

アンダーヘアのちくちくをふわふわにする方法も!

アンダーヘアがちくちくする原因として、鋭利になった毛先以外にもアンダーケアのしすぎてごわごわと固くなってしまうことによって肌へダメージを与えてしまう問題があります。

アンダーヘアの毛先に関しては、ヒートカッターや脱毛クリームで改善できるのですが、毛自体の固さを処理前の状態に戻すことはなかなか難しいとされています。

最善の策として、アンダーヘアの毛質を変えてふわふわにすれば肌へのダメージを減らせるのですが、なんと脱毛サロンで固くなってしまった毛質を改善することができちゃうんです!

プロの脱毛には、「医療脱毛」と「サロン脱毛」があります。

その中でも、比較的手の届きやすい価格帯で体験できるサロン脱毛では、無料カウンセリングをしながら、自分の理想の毛質になれような施術方法を選ぶことが可能です。

サロン脱毛は、数回から数十回にかけて脱毛を行うシステムになっているので、回数を重ねるにつれて徐々に毛が薄くなっていくので、通いながら毛質が柔らかくなるのを実感することができます。

ふわふわのアンダーヘアになればデリケートゾーンの違和感を減らすことができ、自宅でのアンダーケアも減らせるので肌にも優しいですし、初めての方でも試しやすいプランも揃っているのでおすすめです。

アンダーヘアがちくちくする原因や改善方法まとめ

いかがでしたか?

アンダーヘアはカミソリやハサミでの処理で毛先が鋭くなってしまい、肌への刺激が痛みや違和感に繋がるので、ちくちくするのが我慢できない場合は、処理方法を変えることで改善することができます。

ヒートカッターや除毛クリームで丸みのある毛先のアンダーヘアにすることができますし、違和感の原因となるごわごわした状態も脱毛サロンでも改善できるので、ちくちくヘアからサヨナラしちゃいましょう!

ちくちくしないアンダーケアがいっぱい!あなたも試してみてね♪

ツル子ちゃん

簡単にできるアンダーケアってないの??

 

アンダーケアの話なんて友達に気軽に相談できないんだよね・・

 

「え!?それって病気じゃない!?」

「彼氏の反応が悪い・・」

「営みに自信を持てない・・」

「男性といい感じになっても、緊張する・・」

 

どうしたらいいの・・??

アンダーケアに悩んでいる誰しもがそう思っていると思います。

思い切って家族や友人に相談したところで、どこか他人事で聞いてもらえずまた聞いてもらったところで解決策が見つかるわけでもなく・・・

そんな方にオススメの簡単アンダーケアの方法が♪

→ みんなやってる秘密の方法とは?

→ ピンキープラウドは効果あるの?!口コミや成分は?解約方法も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です