アンダーケアで黒ずみを改善!臭いケアも?お悩み解決に役立てよう!

自分でアンダーケアをしていると、何故かデリケートゾーンが黒くなってしまったという声が多数聞かれます。

実は、アンダーケアの方法次第では、黒ずみを悪化してしまうことになるので、今一度自分の処理方法をチェックする必要があります。

カミソリや脱毛クリームは手軽にアンダーケアできるので人気ですが、肌への刺激が強いこともあり、黒ずみの原因にもなるんですよ!

また、黒ずみだけでなくデリケートゾーンの臭いの悩みを多いのですが、専用のクリームを使って改善することもできちゃいます!

ここでは、密かに悩んでいる方急増中!のデリケートゾーンの黒ずみや臭いの原因や対策方法について調査していきます!

アンダーケアは黒ずみの原因になる?!

女性の悩みの中でなかなか口に出して言えないのが、デリケートゾーンの黒ずみです。

実は、その黒ずみの原因となるのが自己処理によりアンダーケアだといわれています。

自分でアンダーケアをする場合、カミソリに力が入りすぎたり、必要以上に擦ってしまうと徐々に肌が傷ついてしまいます。

肌に何らかの刺激があると、肌を守ろうとしてメラニン色素が作用して肌表面が固くなるのですが、同時に黒く変色するのです。

メラニンといえば紫外線による日焼けを想像できますが、まさかアンダーケアでメラニンを増やしてしまうとは驚きですよね!

女性にとって脱毛はエチケットの一つとなっていて、処理することが当たり前になりつつありますが、カミソリや除毛クリームなどの直接肌に触れるアンダーケアは肌への摩擦が起きやすいため、黒ずみを引き起こしてしまうのです。

アンダーケアが黒ずみの原因になるなんて!驚いちゃった!

ツル子ちゃん

肌というのは元々繊細な部分ではありますが、デリケートゾーンは特に刺激に弱い箇所なので、カミソリで何度も肌に負担をかけてしまうと、さらに黒く変色する可能性が高いです。

デリケートゾーンの黒みというのは、自分で確認できない場合もあり、イチャイチャしている際に恋人に指摘されるなんてこともあるそうです。

アンダーヘアを処理している方の中には、恋人へのマナーとして定期的に行っている場合も多いので、アンダーケアの方法で黒ずみを助長してしまうのは悲しいですよね…。

また、長年自分でアンダーケアをしていると、定期的な肌への刺激が継続してしまうため、ちょっとの刺激で黒くなりやすくなり、しかも元の肌に戻りにくくなります。

そもそも、肌はターンオーバーによって生まれ変わる構造になっているのですが、肌の状態が不安定だとターンオーバーが乱れやすいため、黒ずみがそのまま残ってしまいます。

さらに、肌への摩擦によって刺激が加わりすぎると、本来持っている肌の美しく保つための栄養分が足りなくなって、ホルモンバランスも悪くなることから黒ずみを助長してしまいます。

黒ずみの原因はアンダーケア以外にもあり、下着の締め付けも肌への刺激となることから、下着の生地によっては付けているだけで肌を変色の原因にもなり得るのです。

おしゃれの一環で小さめの下着を好んで付けている方もいるようですが、デリケートゾーンの黒ずみが気になる方がなるべく着用を避けた方が良さそうです。

アンダーケアで黒ずみ改善するには?!

デリケートゾーンが黒くなる原因として、肌の摩擦や刺激を与えることが挙げられますが、アンダーケアをしながら黒ずみ改善する方法があれば知りたくありませんか?!

自分でアンダーケアをするのは手軽ではありますが、黒ずみを引き起こすとなれば方法を改めたいものですし、肌への刺激が少なくすることができれば、美しいぷるぷる肌を守るきっかけになるのでおすすめです。

それでは、アンダーケアで使える黒ずみ改善方法をご紹介します!

黒ずみ改善方法①電気シェーバーを使う

自分でできるアンダーケア用品としてカミソリや脱毛クリームが人気となっていますが、直に肌に当たる処理方法なので黒ずみを防止したい方ができるだけ使用を控えた方が良さそうです。

肌に刺激を与えにくく、自己処理できるアンダーケア用品としては電気シェーバーがおすすめで、自らが力を入れてしまうカミソリや脱毛クリームとは逆で、電気の力で簡単にケアできるのでじわじわと需要が高まっています。

プロの脱毛を体験できる脱毛サロンでも、自宅でできるアンダーケアとして電気シェーバーを特に進めており、店舗によっては脱毛プランと一緒におすすめの電気シェーバーをも紹介してくれます。

電気シェーバーの特徴として、コーム状になっていて髪をとかす感覚で処理を行えるので、機械が苦手な方でも安心して使用できます。

また、コーム内に毛を剃り取る機能が備わっているので、肌への摩擦を減らす効果もありますし、カミソリや脱毛クリームよりもはるかに刺激が少ないので黒ずみ改善に役立てることができるんです!

黒ずみ改善方法②洗い方に気を付ける

自分でアンダーケアをする場合、デリケートゾーンを清潔に保つことが大切なのですが、石鹸を使った洗い方に気を付けることも黒ずみ改善に繋がります。

腕や足などの部位を洗う場合、どうしてもゴシゴシと擦ってしまう方もいると思いますが、同じようにデリケートゾーンを擦ってしまうと摩擦によって肌が傷ついてしまうため、それが習慣となると黒ずみを引き起こしてしまうのです。

デリケートゾーンを洗う場合は、できるだけふわふわの泡を作るようにして、泡の弾力だけで汚れを落とすようにすると肌への負担が和らぎます。

自分で泡立てても良いのですが、ふわふわの泡を作るのは意外と難しいので、泡立てネットを利用すると誰でも簡単にホイップクリームのような泡を作ることができます。

ふわふわの泡で洗うのって気持ちいいよね!私もやってみよっと♪

ツル子ちゃん

ちなみに、私も泡立てネットを使っているのですが、自分で泡立てるよりもキメの細かい泡を作ることができますし、優しい肌触りなのでデリケートゾーンを洗う際も必要以上に擦らなくて済みますし、洗った後の違和感もないのでおすすめです。

黒ずみ改善方法③美白対策をする

デリケートゾーンの黒ずみは、肌を守ろうとして生成されたメラニン色素によるものなので、美白効果のあるクリームを使うことで元の透明感のある肌を取り戻すことができます。

夏の紫外線対策としても美白に力を入れる方もいると思いますが、日焼けもメラニン色素増加によって起こるものなので、同じように美白対策をすることで黒ずみ改善になるのです。

ただ、デリケートゾーンは顔や腕などに比べてとても敏感なので、できればデリケートゾーン用の美白クリームを使うか、低刺激のものを率先して選ぶと良いでしょう。

デリケートゾーン用のクリームは、配合されている成分自体が肌への刺激が少ないものを入っていますので、スーパーやドラッグストアでどの美白クリームか迷った場合は、専用のクリームを選ぶ方が安全性が高いです。

また、美白クリームには保湿効果が高いものもあるので、肌を白くするだけでなく、潤い補給をして肌のターンオーバー促進に役立てることができます。

さらに、黒ずみ対策用のクリームも多数販売されていて、美白効果のあるビタミンCや抗炎症成分が含まれている商品もあるので、美白だけでなく摩擦によって傷ついた肌を守ってくれる効果もあります。

黒ずみ改善方法④締め付けのある衣服を避ける

アンダーケアによる摩擦はカミソリや脱毛クリームだけでなく、日頃身に付けている下着や服によっても起きやすいです。

なので、デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの場合は、なるべく締め付け感の感じないものを選ぶことをおすすめします。

普段何気なく来ている衣服でも、毎日着るとなれば肌への刺激として蓄積されるので、より密着感のあるものだと動くたびに肌を傷つけてしまいます。

カミソリや脱毛クリームは処理中のみの刺激となりますが、衣服は一日中身に付けていることがほとんどなので、知らない間にメラニン色素を増やしてしまうことになります。

また、圧迫感のある小さめの下着を寝る際も付けていると、寝返りや寝る体勢によって肌への摩擦を増加してしまうため、自分のサイズに合った下着を選ぶように心がけましょう。

アンダーケア用クリームで黒ずみを撃退!

デリケートゾーンは全身の中でも特に敏感な部分なので、肌への負担がかかりにくい専用のクリームも発売していますが、黒ずみに特化した商品もあるんです!

最近では、女性雑誌でも特集されるくらい注目されている話題でもありますし、アンダーケア対策が身近になっているのはありがたいですよね。

特に話題となっているクリームとしては、ブラジリアンワックスを行っている脱毛サロンが企画に携わっている「イビサクリーム」です!

引用:https://agent-b.info/delicate-zone-care-ibiza-cream/

SNSでも話題となっているこちらの商品は、美白と炎症を抑える効果のあるトラネキサム酸グリチルリチン酸2Kが配合しており、黒ずみの原因となるメラニンの生成を防ぐだけでなく、摩擦によって傷ついた肌の炎症改善にもおすすめです。

しかも、4種類の植物成分が保湿力をアップさせてくれるので、うるおいのある肌へと導きます。

無添加でアルコールやパラベンも入っていないので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

デリケートゾーンはもちろん、脇やバストトップにも使える優れものなので、女性の悩み解決にうってつけのクリームです!

アンダーケアは臭い対策にも!

「デリケートゾーンが臭くて悩んでいる…」という方が意外と多く、なかなか人に相談しにくかったり、対策もせずに悶々と悩んでしまうなど、女性が密かに抱える問題の一つとなっています。

実際に自分でデリケートゾーンの臭いを感じることが少なく、恋人から教えてもらったり、臭いが原因で別れてしまうなんてこともあるそうです。

実は、デリケートゾーンの臭いで悩んでいる方の大半は、日頃からアンダーケアをしていないケースが多いようです。

アンダーケアは脱毛対策としては主流にはなっていますが、清潔な状態を保つという名目でケアしている方は少ないのが現状です。

むしろ、アンダーヘアを処理することが臭いに直接関係するとも考えにくいですし、デリケートな部分が故にお風呂場で洗うことを控えてる方もいるそうです。

全身を洗っているつもりでも、デリケートゾーンのみを丁寧に洗っていなければ臭いが蓄積してしまいますし、細菌が増殖しやすい環境になるので、体臭の原因になることもあります。

私もデリケートゾーンはササッと洗っちゃうかも…。気を付けなきゃ!

ツル子ちゃん

なので、日頃からデリケートゾーンを清潔に保つことで臭い対策にもなりますし、石鹸やボディソープなどを使ってしっかりと泡立ててから優しく洗い流すだけでも効果があります。

また、ストレスや脂っこい食事が臭いを強めてしまうので、デリケートゾーンの臭いでお悩みの方は、アンダーケアだけでなく生活習慣も改善してみましょう!

アンダーケアによる黒ずみの原因や臭い対策まとめ

いかがでしたか?

アンダーケアは女性のエチケットとしては効果的ですが、肌への摩擦や洗い方によってはデリケートゾーンの黒ずみを引き起こす原因となるので注意が必要です。

少しの刺激でも傷ついてしまうのがデリケートゾーンの特徴でもあるので、肌への負担が少ない電気シェーバーやふわふわの泡で優しく洗うことも大切です。

また、デリケートゾーンを清潔にすることは、黒ずみだけでなく臭い対策にもなるのでおすすめです。

黒ずみ専用のクリームを注目されていますし、使用することでメラニン色素の生成を抑えたり保湿効果も期待できるので、日頃のアンダーケアにプラスしてみましょう!

正しいアンダーケアは黒ずみだけじゃなく、臭い対策にもなるんだ!勉強になったね!

ツル子ちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です