アンダーケアの方法が知りたい!石鹸での洗い方や痛み解消術も公開!

アンダーケアを始めたい!と決意しても、何から始めていいかわからない…という方も多いと思います。

ちなみに私も、アンダーケアを始めたのはここ数年の話なので、まだまだわからないことだらけなんです!

巷で聞くVIOラインにも興味がありますし、特に自分でIラインを処理するのが難しいと聞くので不安いっぱいです。

また、アンダーケアで痛みを感じる方もいるようですし、正しいケアを一刻も早く知りたくなっちゃいます!

そこで、アンダーケアの処理の仕方のおすすめや、処理後の肌を整えてくれる石鹸の特徴や洗い方など、気になるアンダーケア事情を徹底調査します!

アンダーケアの方法って知ってる?!

なかなか人に聞けない美容問題の一つでもあるアンダーケアですが、ちゃんとしたアンダーケアの方法を知っている方が意外と少ないように思います。

友達や家族に相談するには恥ずかしい…という方も多く、ネット上ではちょっとした悩みとして呟いている方も多いようです。

・アンダーケアしてないのって男の人ってどう思ってるの?気になっちゃう?

・海外では当たり前なのに彼女がアンダーケアしてなくて言い出せない…。

・アンダーケアしてるけどこの方法が正しいのかわからないままやってるかも。

・友達がアンダーヘアをつるつるにしてるんだけどなかなか勇気が出ない…。

・アンダーヘア未処理は不潔に思っちゃうけど方法がいまいちわからないからそのままにしちゃってます。

そうなの!アンダーケアってどれが正解なのかわかりにくいんだよね…。

ツル子ちゃん

デリケートな問題ではありますが、意外と多くの呟きがヒットしたのが印象的でしたが、気になってはいるけどアンダーケアをどのようにしていいか疑問に思っている方も少なくなかったです。

本人の呟きだけでなく、恋人や知り合いのアンダーケア事情についての意見も多く、中には友達同士でアンダーヘアをどうするか話している方もいました。

私は友達とアンダーケアについて話したことはないので、込み入った話ができる仲の良さは羨ましいと思いました。

さらに、自分がしている処理の方法が合っているのか不安になっている声も多く、知りたいけど調べる方法がわからない女性も多い印象が強かったですね。

アンダーケアの処理の仕方でおすすめは〇〇!

アンダーケアの基本的な手順としては、一般的にデリケートゾーンと呼ばれる部分を処理していくのですが、VIOラインと呼ばれる個所を中心にケアすることが多いです。

VIOラインと言っても聞き慣れない方もいると思いますが、実はそれぞれの文字の形が剃る箇所を表しているんです!

ですので、部位をそのまま言うよりはVIOという言葉を使って気軽に表現できるので脱毛サロンではコース名に使われるのが主流とはっています。

ちなみに、Vラインはデリケートゾーンの両サイドの部分で、ビキニを着た時の三角部分の外側をイメージするとわかりやすいです。

Iラインはもっともデリケートな部分でもある陰部の両側の部分を指しており、Oラインは処理がしにくい部分でもあるお尻の奥の部分となっています。

VIOラインのアンダーヘアを処理するメリットとしては、身だしなみとしてはもちろんですが、水着や露出度の高い服を着た際にうっかりアンダーヘアが見えてしまうのを防ぐ効果もあります。

また、生理中の経血が伸びすぎたアンダーヘアに付着してしまい、デリケートゾーンの痒みや違和感を引き起こす可能性も高いので、しっかりと処理をすることで皮膚への摩擦や刺激を抑えてくれるのです。

そんなアンダーケアでよく使われている処理方法としては、カミソリや電気シェーバーが人気ではありますが、初心者の方でも簡単にできることもあって、アンダーケア用品として重宝されています。

その中でも、電気シェーバーは脱毛サロンでも推奨されている方法なのをご存知でしたか?!

カミソリを使ってアンダーケアをすると、直接肌に触れることで肌への摩擦が増えてしまうのですが、電気シェーバーは肌に負担がかからない構造となっているので、デリケートゾーン内のVIOラインへの配慮ができる方法となっています。

実は、私も最初はカミソリで小まめに剃っていたのですが、脱毛サロンに行った際に「カミソリは一番おすすめしてないんですよ!」と念押しされちゃいました。

ちょうど電気シェーバーを持っていたので実際に使ってみると、痛みもチクッとするくらいで「痛気持ちいい」という感覚でした。

また、電動タイプなのでカミソリ処理でありがちな力を入れすぎるということもなく、肌への摩擦も少ないのでお肌にも良さそうだなと感じました。

肌にも優しくて手軽にケアできるなんて!電気シェーバー最高!!

ツル子ちゃん

カミソリよりも電気シェーバーの方が肌への負担がかからないのでおすすめの方法ではありますが、自分でアンダーケアする際に忘れてはいけないポイントがあります。

それは、アンダーヘア処理後の肌への保湿ケアです!

元々デリケートな部分であるのに加えて、何らかの刺激が加わると乾燥しやすい状態になるので、処理後は保湿力の高いローションやクリームでしっかり潤い補給することが大切です。

スーパーやドラッグストアでは、全身に使える保湿力の高いものから、赤ちゃんでも使える低刺激で優しい感触のものなど多数揃っていますので、自分でアンダーケアを始める場合は保湿対策グッズも一緒に揃えるのをおすすめします!

アンダーケアはIライン処理がポイント!

アンダーケアの中で、Iラインの処理が難しいと感じる方が多いようで、 VIOラインの中でも特にデリケートな部分でもありますし、どこまで処理をするのか迷ってしまいがちです。

Oラインよりは手の届く部分ではありますが、カミソリや電気シェーバーでの処理もできますし、Iラインを処理することで夏のおしゃれを楽しむことができます。

特に、Iラインを処理する方の多くは水着を着るためのエチケットとしてアンダーケアをする傾向にあり、うっかり見えてしまうのを防ぐためや、衛生面の配慮として処理をしているようです。

Iラインを自分で処理する時のポイントは、鏡で剃りたい箇所を映しながら剃っていくと、比較的簡単にケアできるのでおすすめです。

なかなか自分で見る機会の少ない箇所ではあるので、初めのうちはびっくりするかもしれませんが、鏡を使わない方が刃先がどこに向いているか確認できないので、力の当て具合を間違えると怪我をしてしまうので注意しましょう。

また、電気シェーバーを使用する場合は、毛並みの沿って剃ることで肌への負担を減らしてくれますし、処理後の保湿ケアをすることでデリケートゾーンの潤い対策ができます。

アンダーケアは石鹸で優しさを補給!

自分でアンダーケアをし始めると、今まで感じたことのない違和感や、処理後に痒みを感じてしまうこともあるようです。

私も初めてアンダーヘアを処理した数日後に、風邪をひいてしまったのですが、綺麗に剃ったことによってデリケートゾーンがスースーするような感覚に慣れなくて体調を崩したのを覚えています。

デリケートゾーンは特に敏感な部分でもありますので、日頃のケアを丁寧にすることで、肌に負担をかけない生活を送りことができます。

実は、ドラッグストアやネットショップでは、デリケートゾーン用の石鹸が販売されており、自分でアンダーケアをした際に起こりやすいトラブルを解消してくれる便利アイテムとなっているのです。

石鹸のタイプとしては、固形や液体、泡タイプなど様々な種類が発売されていますが、選ぶポイントとしては自分の使いやすいと感じるものが一番おすすめです。

引用:https://www.amazon.co.jp/

特に、泡タイプは自分で泡立てる必要もないので便利ですし、キメの細かいふわふわの泡がデリケートゾーンを優しく包んでくれるので、ゴシゴシと擦る必要もありません。

また、石鹸に配合されている成分で肌への負担がかからないものを選ぶことで、アンダーケア後の肌を優しくケアできます。

デリケートゾーン用の石鹸自体が、元々肌に優しい成分が多く含まれてはいますが、人によってはそれでも敏感に反応してしまう場合があるので、できるだけ無添加のものを選ぶと良いでしょう。

アンダーケアは洗い方も大切!

アンダーケアは脱毛処理だけでなく、デリケートゾーンを守るケアも含まれているので、アンダーヘアを処理した箇所を清潔に保つことも大切です。

先程紹介したアンダーケア用の石鹸を使う場合でも、敏感な部分だからこその洗い方を知っておくことで、より肌への負担を減らすことができます。

泡タイプでの石鹸をおすすめしたのですが、固形や液体タイプを使う際には、しっかり泡立てることで優しく洗うことができるので、100均でも売っている泡立てネットを使ってふわふわの泡でケアするのも効果的です。

実は、泡の量を増やすことで、手が直接触れずにデリケートゾーンを清潔にすることができるので、アンダーケア後の敏感になった肌にも安心して使えるのです。

デリケートゾーンって敏感だからケアが難しそうだけど、これなら安心だね!

ツル子ちゃん

そして、優しく丁寧に洗った後は、しっかりすすいで石鹸の泡を綺麗に洗い流すことが大切です。

石鹸の洗い残しがあると不快感の原因となって、炎症を起こしてしまう恐れもあるので、肌に負担がかかりにくいぬるま湯で下腹部に当てながら流し洗うようにしましょう。

アンダーケアで痛いと感じたら?

自分でアンダーケアをしている方の中には、「チクチクとする痛み」を感じる方が意外と多く、デリケートゾーンの違和感に悩んでいるケースが良く見られます。

これは、カミソリによるアンダーケアで起こりやすい現象であり、鋭くなった毛先がその原因とされています。

実は、カミソリで脱毛処理をすると、毛先が斜め上になって鋭利な状態になることから、伸びてきた毛先の尖った部分が肌を刺激して痛みを伴ってしまうのです。

せっかく自分で処理できるのにチクチクの原因がカミソリにあるとなれば、アンダーケアをするのを躊躇してしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、熱の力でアンダーヘアを焼き切る「ヒートカッター」での処理方法です。

引用:https://wowma.jp/item/229527196

ヒートカッターは、カミソリのように刃先ではなく毛を燃やしながら長さを調整するため、毛先が丸い状態になるので、肌に触れても不快にならないのでおすすめです。

ただ、カミソリや電気シェーバーのように短時間で処理できないことや、毛を焼き切ることで独特の臭さが出てしまうのですが、チクチクとした痛み改善には最適なので一度お試しください!

アンダーケアの仕方や処理方法まとめ

いかがでしたか?

アンダーケアはデリケートゾーンの処理が基本となっているので、肌に負担がかからないようなケアをすることが大切ですし、電気シェーバーのような肌への刺激が少ないものを選ぶことで安心して処理することができます。

Iラインは自分で処理するのが難しい箇所ですが、鏡を使うことで剃りやすくなりますし、夏のおしゃれを楽しめるきっかけにもなります。

また、保湿対策やデリケートゾーン用の石鹸を使うことで、アフターケアも万全にできますし、肌への刺激が少ない洗い方を活用してうるうる肌を手に入れましょう!

アンダーケアは肌への優しさが大切なんだね!保湿ケアもしっかりしておこう!

ツル子ちゃん

簡単にできるアンダーケアってないの??

 

アンダーケアの話なんて友達に気軽に相談できないんだよね・・

 

「え!?それって病気じゃない!?」

「彼氏の反応が悪い・・」

「営みに自信を持てない・・」

「男性といい感じになっても、緊張する・・」

 

どうしたらいいの・・??

アンダーケアに悩んでいる誰しもがそう思っていると思います。

思い切って家族や友人に相談したところで、どこか他人事で聞いてもらえずまた聞いてもらったところで解決策が見つかるわけでもなく・・・

そんな方にオススメの簡単アンダーケアの方法が♪

→ みんなやってる秘密の方法とは?

→ ピンキープラウドは効果あるの?!口コミや成分は?解約方法も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です